リニューアル

Sep 15, 2019(Webサイト制作

かなりひさしぶりにみふくデザインのWebサイトをリニューアルしました。
というか、「みふくデザイン」としてちゃんとサイトを作ったのは初めてかもしれない……。ずっと仮サイトだったので……。

しかし今回、自分で自分のサイトをちゃんと作ってみて、分かったことが色々ありました。例えば

・自分のことを自分で客観的に分析するのはすごく難しい!
・しかもそれを言語化したりビジュアル化したりするのはもっと難しい!

ということです。

この「みふくデザイン」というデザイン事務所、城下敦子というデザイナーの特徴はなんだろう?
届けたい人はどういう人?
必要とされている情報はどんな情報? などなど……

これがクライアントさんのWebサイトだったら、あれこれお話をしていると自然にいろいろな事が見えてくるのに、相手が自分自身となるとまるで勝手が違う。

ようやくコンセプトを整理してデザインに入ると、今度はディレクターの私が「ここにデザイナー本人の写真をバーンと入れよう!」と言っても、個人の私が「いやもっと小さくていいです……」と遠慮する。文章を書いていても自画自賛を避けようとして変に自虐的になってしまったり、恥ずかしくなったり。

本職のWebデザイナーでさえこうなので、そうでない人がWebサイトを自作する難しさというのは、ここらへんに大きな壁があると思います。

今は無料ホームページサービスなども色々あるので、そこそこ体裁の整ったサイトなら自作も可能だと思うんですが、それだけだとなかなか「効果的なサイト」にはならないのもそれが原因なのでしょう。
届けるべき相手に必要な情報が届くように、クライアントさんの照れや遠慮も汲み取って言語化し、ビジュアル化し、「私の仕事はこれです」と胸をはってもらえるように、そっと背中を押すこと。私の考えるWebデザイナーの仕事の価値はそこにあるんだなぁと再認識。

自分の仕事について考える時間をちゃんと作るのって大事だな。

写真は一見文章と関係ないんですが、以前作っていただいたオーダーメイドの薬膳茶(HAHAHAUSさん)。普段の生活とか体質について丁寧にお話を聞いてもらって、好みの香りを探しながらブレンドしてもらいました。こういうふうにWebサイトも作れたらいいなと思います。