志賀理江子 ブラインドデート

Aug 6, 2017( Art

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催中の「志賀理江子 ブラインドデート」を見てきました。

すごく良かった。

「生と死」なんてもう写真だけでなく絵画でも映画でも文学でもほぼ全ての表現領域でさんざん扱われてきたテーマだけど、

ここまでやらないと「生と死がテーマです」なんてとても言えないな、と思わせる迫力と説得力に満ちていました。

その日は志賀さんとビッグイシューの編集者土田朋水さんのトークがあり、

志賀さんの個展のトークショーなのに、志賀さんから土田さんへのインタビューになっているのがおもしろく、志賀さんの作品作りはこうやって行われるんだな、というのが逆に見える形になっていました。

トークの内容は後日発売される図録に掲載されるそうなので、ぜひ再読したいと思います。

同じカテゴリーの記事

ガラスの仮面展
プレスリリースを送ってみよう(2)テレビ・ラジオ局
_act_Draws レセプションのお知らせ