明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

年末に指を怪我して悪い菌にやられてしまいました。

12月30日、もうどこの病院も閉まっています。

仕方なく、インフルエンザウイルスの嵐が吹き荒れる急病センターへ。

予想通りというか、予想以上に過酷な現場でした……。待合室は泣きじゃくる小さなお子さんたちや、高熱で朦朧としている方々で超満員、椅子が全然足りなくて、しんどくて立っていられないのか床に手をついている人や、長時間待たされている事に受付で声を荒げて抗議する人も。
まさに戦場。

しかしその中で、看護師さん達、医師のみなさん、みなさんテキパキと、あくまで笑顔で!働いていらっしゃる姿にとても感銘を受けました。

ああいう非常事態のような殺伐とした空気の中では、スタッフの方達が緊張感を表情に出しているよりも、笑顔でいることの方がずっと効果的なんだなぁと。

それともう一つ、指の処置を受けるためバックヤードに通されたのですが、もういたるところに貼られていたのがアンパンマン。看護師さんたちのエプロンもほぼ全部アンパンマン。

アンパンマンの力って本当にすごい。やなせたかしさんってあの世で位の高い仏様か神様になってるんじゃないだろうか。社会への貢献度が高すぎる。

怪我は痛くてその後も少し不便をしたけど、いろんな発見のあった年末でした。