福岡道雄 つくらない彫刻家

国立国際美術館で開催中の展覧会「福岡道雄 つくらない彫刻家」
企画構成をされた福元崇志さんのギャラリートークを聴きに行ってきました。

作家人生を辿るような展示構成。
福元さんのお話は作家が日本の「美術」とどう関わりながら自分の「美」を作っていくかというややこしいテーマを丁寧に解説しつつ、作家と作品に対する愛が感じられて、とても良いギャラリートークでした。
体感型の一本の映画を見たような満足感。

絶対福元さんの解説聞きながらの方がおもしろいと思うのですが、残念ながらもう残り会期中にはギャラリートークはありません。でも展示は今月24日までやっているので是非。

普通は黒歴史時代の作品とかは展示されないと思うんですが、それがうまい具合に入ってる事で味わい深くなってる。構成が本当に良かったです。